「梯剛之プレイエルを弾く」のコンサートがありました。

3月2日(土)東京・荻窪の「かん芸館」にてファンクラブ主催のコンサートがありました。ショパンの愛したピアノ「プレイエル」での演奏。 第1部は、ラヴェル:ソナチネ(全3楽章)とシューマン:クライスレリアーナ(全8曲) 第2部は、オールショパンで、ノクターン第2番、バラード第2番、子猫のワルツ、タランテラ、舟歌と梯さんの解説付きの演奏。 アンコールには、シューベルトの即興曲と楽興の時、ショパン:ノクターン8番。 小さな会場で、間近に聴く演奏は格別な贅沢感のあるもので、ショパンが「プレイエル」に向かって、どのような気持ちで作曲・演奏をしたのか、梯剛之さんがどのような気持ちでプレイエルを弾いたのか、想像が広がる聴きごたえある演奏会でした。 昨年の箱根コンサートに続いてのファンクラブ主催のコンサート。次回が楽しみです。