「神戸新聞」の記事を読んで

2005年、2009年どちらも4月29日に エクラホールで演奏されました。 梯 剛之氏の選定されたピアノで直筆のサインがされています。 準備委員会の皆様が心をこめて準備を進められて、プレ講習会まで開かれたようです。 私も駆け出しのファン1年生だったので 緊張でこちこちでしたが とてもよく覚えています。 あんなに皆様に愛され歓迎されていらしたので、ぜひもう一度梯さんの演奏会を開いていただきたいと エクラホール関係者の方々に 心からお願いいたします。

7月6日 東京・麹町<る・ぴあの>でのランチタイムコンサート

チェリストの高橋泉さんとのコンサート。梯さんの演奏する窓の向こうに緑がしっとりと広がる会場にチェロとピアノの音が響き合いました。おいしいランチと相まって、梅雨時のうっとうしさをひととき忘れた気持ちのよいランチタイムコンサートでした。 演奏曲 サン・サーンス:白鳥~動物の謝肉祭より~ G.フォーレ  :エレジー OP.24 D.ポッパー  :ハンガリー狂詩曲OP.68 C.ドビュッシー:月の光~ベルガマスク組曲より~(ピアノソロ) J.ブラームス :6つの小品 OP.118(ピアノソロ) アンコール ショパン:ノクターン第2番(ピアノソロ) カザルス:鳥の歌 エルガー:愛の挨拶

ショパンCD評掲載の感想

あまた発売されているCDの中でこのように取り上げられるのは、梯剛之さんが、深いところで支持されていることにわが意を得たりの思いがあります。とくに<ぴあの>誌は、ポピュラー音楽方面に近い音楽誌なだけにうれしいですね。