• 小松市TK

大町文化会館 梯剛之ピアノリサイタルin北アルプス


ベートーヴェン生誕250周年記念として開催の「梯剛之ピアノコンチェルトin北アルプス」は2020年に予定されていましたが、新型コロナのため2年の延期となり、残念ながら当初予定されていた梯剛之さんとオーケストラ「アンサンブル・グラツィオーソ」との共演は中止となり、ようやく3月20日に「梯剛之ピアノリサイタルトin北アルプス」と名前を変え開催されました。


始めに音楽監督・指揮の中村雅夫氏のコンサートにかける思いの挨拶から始まり、地元「ベートーヴェン生誕250年記念合唱団」の梯剛之さんへの歓迎合唱からスタート。長い間待ち続けた思いが詰まった和やかな合唱を聴かせていただきました。


ピアノリサイタルはモーツァルト・ドビュッシー・ショパン・ベートーヴェンと親しみある楽曲を解説を交えながらの演奏。中でもベートーヴェン「ピアノソナタ第23番 熱情」は素晴らしく「ブラーボ―」は控えるとの会場案内により、心の中で大きな「ブラボー」を叫びました。


アンコール曲の一つ、ショパン「雨だれ」はコロナ禍やウクライナ戦下の悲しみや苦しみの中で心に沁みてゆくようにも思え、早く何れも終息を願うばかりです。

ようやく実現した今回のコンサート。多くの関係者の皆様にはお世話さまでした。

閲覧数:82回1件のコメント

最新記事

すべて表示