2017年10月27日

​ショパンリサイタル 演奏後のホットインタビュー

クァルテット・セレシアさんの感想

梯剛之さんのピアノの音色が素晴らしく、共演したというよりも、一番近くで演奏が聴けたことが何よりもの幸せでした。

​また機会があれば、是非ともご一緒したいです。

ショパン、ピアノ協奏曲第1番は、オーケストラで演奏されることが多いのですが、

今回はクァルテット・セレシアさんとの弦楽四重奏版としての演奏でした。

​一味違う演奏に魅了されました。